気持ちのいい朝を迎えた女性

アモバンではダメだった人に

ノーにチェックがついている様子

不眠症を改善するために通院していた人も、利用したことがあるはずのアモバンという睡眠薬ですが、作用や飲んだ時の苦みが自身に合わなかったということもあるでしょう。アモバンでは不眠症を改善することが難しいと感じた人に、ルネスタジェネリックはおすすめの睡眠薬といえます。

それはアモバンの有効成分であるゾピクロンと、ルネスタジェネリックに含まれるエスゾピクロンは同じ作用をしてくれるので、病院でも用いられるほどの高い効果を持っていることが分かります。しかしゾピクロンよりも少量で同等の効果を得られるので、その分副作用が起こりにくいのです。同時に、長期的な服用をしても依存してしまう危険性が低くなるといえます。

そして睡眠薬特有の服用時に感じる苦みについても、ルネスタジェネリックは抑えられているのでアモバンの苦みが気になる人に、おすすめの睡眠薬なのです。またアモバンもルネスタジェネリックも短時間作用型に分類されているのですが、効果の持続時間はルネスタジェネリックの方が長いとされています。

アモバンは約2〜3時間の効果持続時間のため、寝付きは良くなっても夜中に目が覚めてしまったり、中途覚醒で悩んでいる人にはあまり効果が見られないこともあるのです。しかしルネスタジェネリックは約4〜5時間は効果が持続してくれるので、最低限の睡眠時間は確保できます。そのため夜中に目が覚めることも少なく、翌朝まで作用が残っていることもほぼありません。寝付きやすくなる上に、中途覚醒の人にも効果を発揮してくれる睡眠薬なのです。

病院で不眠症の改善をしていて、アモバンは苦くて飲みにくい、朝まで作用が残っているから副作用が気になる、夜中に目が覚めることがあるという人はルネスタジェネリックの方が使いやすく、症状に適しているかもしれません。